【高校・理科選択】物理と生物のどっちを選択するべき?

勉強法
スポンサーリンク

こんにちは!tanitenです!

さて今回は、理系に進学しようと考えている高校生のみなさんが悩むであろう、
「物理と生物、どっちを選択すればいいか」について、僕なりの意見を書いていこうと思います。

ではいきましょう!

スポンサーリンク

そもそも理科ってどんな科目があるの?

高校で学ぶ理科には、物理・化学・生物・地学の4種類の科目があります。
それぞれの科目の特徴を挙げると、以下のようになります。

  • 物理

物理は、物体の運動や身の回りの現象を、数式を使って解き明かす学問です。そのため、試験では必然的に計算量が多くなります。
理科4科目の中で、最も計算量が多い科目と言えるでしょう。
しかし、他の科目に比べると暗記事項が非常に少ないため、暗記が苦手で数学が得意な人は物理との相性は抜群にいいと思います。

  • 化学

化学は、身近な物質の構造や反応などをミクロな視点で理解する学問です。
高校化学では主に、理論化学という計算中心の分野と、無機・有機化学という暗記中心の分野を学ぶため、計算量と暗記量のバランスが非常に良いのが特徴です。
そのため理科を2科目選択するとなると、ほぼ全ての学生が化学を選択し、残り1科目で迷うことになります。

  • 生物

生物は、私たちの体の仕組みや生態系・進化など、生物に関係する様々な事柄を学ぶ学問です。
その特徴は、計算量が他の科目と比べて少ないということにあります。そのため、文系の学生がセンター科目で選択することも多いです。
しかしその代わり暗記量がとても多い上に、試験では記述式の問題も多く出るため、対策に少し時間がかかるかもしれません。

  • 地学

地学は、地球表面・内部の構造や宇宙の外観を学ぶ学問のようです。
正直、僕の高校の理系学生で地学を選択していた人はいなかったので、地学がどのような性質の科目かあまりわかりませんが、生物と同様暗記科目が多いという認識です。
しかし地学を受験できる学部は限られている上に、参考書や講師の数も多くないということもあって、理系で選択することはほぼ無いと考えていいと思います。

物理か生物か、選択に必要な3つのステップ

各科目の説明のところでも書きましたが、ほとんどの学生は化学をまず選択します。
地学がほとんど選択されないとすると、残りの物理か生物のどちらかを選択することになります。

物理と生物では科目のタイプが違いますから、選択を誤ると後悔することになるかもしれません。

例えば、数学がめちゃくちゃ苦手なのに物理を選択するとか、暗記が全然できないのに生物を選択するとか。
自分でそのような自覚があるなら、すぐにどちらを選択するか決められると思います。

ですが、「どっちでもいいんだよなあ・・・」「正直化学しか興味ないから残りはどっちでもいいんです」などの意見がある方もいらっしゃることでしょう。

そのような方のために、物理と生物のどちらを選択するか、その決め方を僕なりに考えたので、3ステップで紹介していきます。

興味がある分野に近い方を選べ!

1つ目は、「興味がある分野に近い方を選ぶ」です。

例えば、宇宙や電子工学などに興味があるなら物理を取ればいいですし、農学や医学に興味があるなら生物を取ればいいです。

大学で学びたい学部・学科が決まっているなら、その学部の内容に近い分野を選べば間違い無しです。
受験勉強でやったことが、大学入学後も生きていきますからね。

興味のある方を選択しない理由はないです。
学びたいと思っている分野が少しでもあるなら、それに近い方を選択するようにしましょう。

しかし「特に興味のある分野なんてない・・・」という方もいらっしゃると思います。というか興味ある分野がある人はこの記事読んでないと思います。

そんな方のために2つ目の選び方を紹介しましょう。

環境が良い方を選べ!

2つ目は、「環境が良い方を選ぶ」です。

これは自然環境とかの話ではなく、自分にとって勉強しやすい環境が整っている方の科目を選択する、ということです。

例えば、「仲のいい友達が物理を選択するから、僕も物理を選択する」「優しい先生が生物の先生だから、生物を選択する」などです。

こんな決め方でいいのか、と思うかもしれませんが、これでいいのです。

だってみなさんは大学受験で、選択した科目で勝負するんですよ?

周りに友達がいる状態で勉強した方が、勉強しやすいと思いませんか?
厳しい先生よりも優しい先生の方が、授業に対するモチベーション上がりませんか?

自分の将来を決める大事な受験で使う科目ですから、その勉強のための環境は自分にとって良いものであるにこしたことはありません。

ですから、自分にとって勉強しやすいと思える環境の科目を選択してみてください。

ここまできても、「どっちの環境もマジで一緒!本当にどっちでもいい!」という方がいるかもしれません。

そんな方のために、最終3つ目の選択を提案しましょう。

物理を選択しましょう!

3つ目は、「そこまで迷ってるなら物理をとりましょう!」です。

これは僕が物理学専攻だからではなく、物理をとった方がいいことが多そうだな、と客観的に思っているからです。

まず、物理は生物よりも試験で高得点を取りやすいと思っています。
それは、物理と生物の試験で必要とされる力を考えればわかります。

生物は計算力暗記力に加えて、膨大な量の問題文を読み解く読解力、さらに記述問題では文章構成能力が試され、オールラウンドな能力が必要とされます。

一方で物理は、試験の問題は9割9分が計算問題なので、問題を解くための計算力と、問題を理解するための読解力さえあれば十分です。
読解力も、生物に必要な読解力に比べたら大したことないですが。

物理は必要とされる能力が少ないので、問題を解くコツさえ掴むことができれば、勝手に出来るようになっていきます。

さらに、大学の学部で必要とされる科目が受験で使用したものと異なる場合に、高校で物理を取っておくと、あとあと特かもしれません。

受験では物理を使用したけど、生物関係の学部に行くことにした場合、大学からでも暗記中心の生物であれば十分ついていけると思います。

しかしその逆の場合、高校である程度物理をやっている人でないと、大学から物理を学び始めるのは結構大変だと思います。
大学での物理は、法則の真の意味を理解することを目的としていますから、その法則のおおまかな知識があるのとないのとでは、理解にかかる時間が大きく違ってきます。

そして、その先の就職を考えると、物理を取っておいた方が選択の幅が広がると思っています。

僕は物理学専攻で、宇宙に関連した研究を行なっていますが、理論的な物理だけではなく、回路作成やプログラミング、機器制御や装置設計など様々な知識が必要な中で研究をしています。

物理を取っておくと色々な経験をしやすいと思います(生物をとっていても同じかもしれませんが、生物専攻の友人がいないのでなんとも言えません)

このような理由で僕は物理選択を勧めています。

下の記事では物理を学ぶ上でオススメの参考書を紹介しています。

どちらを選択しても・・・

と、ここまで色々書いてきましたが、最終的に物理をとろうが生物をとろうが、選んだ科目で一生懸命勉強すれば良いのです。

どちらにしても、最終的に決断するのはあなたです。

あなたが選んだ科目で精一杯頑張ってみてください。
僕はみなさんを応援しています!

(物理を選択したらぜひ当ブログを参考にしてね!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました