プログラムを書くなら『Vim』がオススメ!魅力的なモードを簡単に解説!

Vim
スポンサーリンク
taniten
taniten

今回はプログラムを書くためのテキストエディタである、「Vim」の紹介をしていくよ!

今までメモ帳しか使ってなかったけど、どんなところがVimの魅力なんだろう!?

ふうた君
ふうた君
taniten
taniten

メモ帳よりはVimの方が絶対に便利だと思う笑

その魅力と、Vimのモードを紹介していくね!

スポンサーリンク

プログラムを書くとき・・・

理系大学生の皆さんは、プログラムを書くときに何のテキストエディタを使っていますか?

有名な無料エディタだと「Atom」や「TeraPad」などがありますが、僕は「Vim」を使っています。

VimはCUIベース

Vimは「CUIベース」のテキストエディタです。

CUIとは、ユーザーとコンピュータ間のやりとりを全て文字で行うインターフェースです。

マウスでカーソルを動かし、アイコンをぽちぽちクリックできる「GUI」とは異なり、CUIは全てキーボードで操作するので、慣れるまでに時間がかかります。

しかし一度慣れてしまえば、めちゃくちゃ便利です。

Vimは複数のモードがある

Vimの最大の特徴は、「複数のモードが存在する」ことです。

テキストを書くモードだけではなく、テキストをキーボードで自由自在に移動、コピー&ペースト出来るモード、文字列の検索や置換などが簡単に出来るモードなどがあります。

それぞれのモードの特徴と機能を理解し、使いこなせるようになると、プログラミングの効率が格段に上がります。

次の章でVimのモードを簡単に紹介していきます。

Vimのモードを簡単に紹介!

ここからは僕のターミナルの画像を見ながら、Vimのモードを見ていくことにしましょう。

ノーマルモード

ノーマルモードはその名の通り、Vimを立ち上げたときの最初のモードです。

このモードでは主に「カーソル移動」や「行のコピー&ペースト」を行うことができます。

カーソル移動と聞くと、キーボードの「←↓↑→」キーを思い浮かべる人も多いと思います。

Vimは「←↓↑→」キーでもカーソル移動はできますが、「h,j,k,l」キーでも同じカーソル移動をすることが出来ます。

「h,j,k,l」キーでカーソル移動が出来るメリットは何なの?

普通に「←↓↑→」キーで良いような気がするけど・・・。

ふうた君
ふうた君
taniten
taniten

「h,j,k,l」キーはタイピングをするときに右手の近くにあるキーだよね。プログラムを書きながらカーソル移動したいとき、右手付近のキーで簡単に移動できるから、「←↓↑→」キーより便利なんだよ。

インサートモード

先ほどのノーマルモードはカーソル移動がメインでしたが、このインサート(挿入)モードは「テキストの編集」がメインの機能です。

画像の左下の方に「INSERT」と書いてあると思いますが、これがインサートモードであることを示しています。

ノーマルモードからインサートモードに移行するには様々な方法がありますが、そのコマンドについてはまた別の記事でまとめて紹介することにします。

taniten
taniten

「早く知りたいよ〜」って方は、以下のサイトが非常にわかりやすいので参考にしてみてください!

はじめてのVim 〜 Vimはいいぞ!ゴリラと学ぶVim講座(1) | さくらのナレッジ
はじめまして、ゴリラです。 ご縁があってこの度Vimについての連載をさせて頂く事になりました。 本連載ではVimに興味ある方や、Vimを使い始めたばかりの方向けの内容を予定しています。筆者自身もまだVim歴が8ヶ月と浅いのですが、みなさんにVimの良さが伝わるように頑張っていきますので、何卒よろしくお願い致します。 自...

ビジュアルモード

僕もまだ完璧に使いこなせてはいないのですが、Vimにはビジュアルモードという「範囲選択」のモードが備わっています。

行単位や単語ごとのみならず、矩形状でも範囲選択できるという非常に自由度が高いモードになっています。

自由なように範囲選択し、コピー&ペーストや置換などが簡単に行えます。

taniten
taniten

大量の行を選択したいときや、変数名を一気に変更したいときなどに威力を発揮するモードだね!

自由度が高いっていうのがポイントだね!

ふうた君
ふうた君

コマンドラインモード

最後にコマンドラインモードというモードを紹介します。

画像の左下に「:(コロン)」があると思いますが、これがコマンドラインモードに入った状態です。

このモードではファイルの保存や検索、Vimの終了などが行えます。

まとめ

Vimはいいぞ。

taniten
taniten

これからの記事でVimの導入方法やコマンドの解説、色々な機能を紹介していくね!

楽しみ!僕もVimマスターになるぞ!

ふうた君
ふうた君

コメント

タイトルとURLをコピーしました