【大学受験】物理っていつから勉強すればいいの?【僕なりの勉強スケジュール】

勉強法
スポンサーリンク
taniten
taniten

今回は大学受験で物理を勉強する人が、いつから物理の勉強し始めればいいか、僕なりの考え方を話していくよ!

物理選択の受験生のみんなは参考にしてみてね!

ふうた君
ふうた君
スポンサーリンク

物理ってどんな科目?

この記事を見ているみなさんは既にご存知だと思いますが、念のため物理がどのような科目なのか振り返ってみましょう。

計算量が多い

物理の試験で出題される問題は、基本的に全て計算問題です。

とはいっても具体的な数字を使った計算ではなく、自然法則に則った文字による計算を行います。

物理の問題は割と形式化されているので、パターンさえ覚えてしまえば自然の摂理そのままに、答えを求めることができます。

計算量は多いけど、基本的なパターンを解けるようにしておけば、どんな問題にも対応できるようになるのです。

暗記量はめっちゃ少ない

他の理科科目と物理を比較してみましょう。

具体的な比較は以下の記事でも行なっていますので、よろしければ見てみてください。

この記事でも書いているように、物理は他の科目よりも圧倒的に暗記量が少ないです。

教科書に出てくることといえば、運動方程式やクーロンの法則のような自然法則だけです。

暗記の苦手な人は、化学や生物のような暗記の多い科目よりもとっつきやすいかもしれないですね。

taniten
taniten

自然法則は「覚える」というよりも「理解する」って感じかな。

物理は高得点を出しやすい!

以上のように計算が多く、暗記量が少ないと言う性質上、物理は理論の流れを理解してしまえば面白いように問題が解けるようになります。

つまり物理の試験で高得点を取るためには、
 1:理論の流れを理解する
 2:演習問題を通して頻出問題のパターンを解けるようにする

で十分なのです。

taniten
taniten

この辺の話は下の記事でも書いているので参考にしてみてね。

物理で高得点を取りやすいのはわかったけど、具体的に何をいつから始めればいいんだろう?

ふうた君
ふうた君
taniten
taniten

そうだね。
次の章で詳しく話していくね!

物理の勉強のスケジュール

まずは授業をおろそかにしない(高1・2)

みなさんは学校の授業をしっかり受けていますか?

受験を間近に控えた3年生は言わずもがなですが、1・2年生も理科の授業をしっかりと受けて、なるべく疑問を残さないようにしましょう。

受験で必要な科目は理科だけではありません。

英語や国語や数学、センター試験では社会も必要になるのです。

3年生になるまでの自習では、英語や数学や国語といった主要3科目の勉強をしたほうがいいです。

英語とか数学って範囲が広いから、コツコツ復習しないとできるようにならないもんね。

ふうた君
ふうた君

自習でやらない分、理科の場合は授業をしっかり受けることが大事になります。

授業で理解できれば、3年になったときにすぐに演習に取りかかれますし、他の苦手科目へ時間を回すことだってできます。

1・2年生の間は、理科科目は授業をしっかり受けることを心がけましょう。
このように予習や復習は義務ではありませんが、やりたい人はやってもいいです。

taniten
taniten

僕は物理オタクだから、1・2年の頃から物理の勉強しかしてなかったよ!

それは物理オタク以外にはあんまりオススメできないかな。

ふうた君
ふうた君

基本的なところの理解(高3はじめ〜夏休み)

3年生になったら、いよいよ受験勉強が本格的に始まります。

受験において疎かにしていい科目は1つもありませんので、ここから理科や社会の勉強にも注力する必要があります。

この時期に物理の勉強でするべきことは、基本的な「自然の摂理」の理解です。

なので教科書で法則を確認したり、僕オススメの問題集『らくらくマスター 物理基礎・物理 (河合塾SERIES)』を読んだりして、基本的な問題の解法を整理していきましょう。

余裕があれば、志望校の過去問くらいはチラ見したり解いてみたりしてもいいと思います。

先ほども書いた通り、物理は理論の流れさえ理解してしまえば、後は勝手にできるようになっていく科目です。

あせらずさわがず、夏休みが終わるまでに基本を完璧にしておきましょう!

taniten
taniten

何事も基本が大事!

演習問題で問題経験を積むべし(夏休み〜10月頃)

基本をある程度理解したら、演習問題を解いていきましょう。

このとき、志望大学や理解度に合わせて自分に適した問題集を使うことが重要です。

オススメの問題集については以下の記事も見てみてね!

ふうた君
ふうた君

問題を解くときは1問に時間をかけすぎず、解けないと思ったらスパッと止めて納得するまで解説を読み込みましょう。

そして3・4日後にもう一度その問題を解き直してみましょう。

解けるようになっていれば、成長している証拠です。

taniten
taniten

演習を積み重ねることで、初見の問題にも対応できていくよ!

共通テスト対策(10月頃〜共通テストまで)

大学受験は共通テストと2次試験の2種類の試験で構成されています。

共通テストだろうがセンター試験だろうが、基本的な問題が中心です。

ただ、少しは問題の傾向に慣れておいたほうがいいので、共通テスト(あるいはセンター試験)用の問題集を使って対策はしておきましょう。

すでにある程度の点数が取れる自信があるのであれば、この時点で2次試験の勉強を始めるのもアリだと思います。

他の科目や苦手科目との兼ね合いで、この時期の勉強法には個人差が出てくるので、自分の実力をしっかり見極めるのが重要です。

taniten
taniten

この時期は僕はセンターではある程度点数が取れる自信があったから、2次試験の勉強を始めていたよ!

最後の追い込み!2次試験対策(共通テスト後〜2次試験まで)

共通テストが終われば、いよいと2次試験を残すのみです。

この時期になったら、とにかく過去問・問題集の練習問題を解きましょう!

ここまで対策をしてきた人ならきっと面白いように問題が解けると思います。

志望校に受かった姿を想像しながら、勉強を頑張ってください。

taniten
taniten

ただ、試験の前日や直前は基本の確認をするようにしようね!

まとめ

〜物理という科目とは?〜
・物理は理論の流れを理解してしまえば面白いように問題が解ける。
・物理の試験で高得点を取るためには、
 1:理論の流れを理解する
 2:演習問題を通して頻出問題のパターンを解けるようにする

が重要。

〜物理の勉強スケジュール〜
【高1・2
授業を疎かにせず、しっかり受ける。
【高3はじめ〜夏休み】
基本的なところを理解することに全力を注ぐ。
【夏休み〜10月頃】
自分にあった問題集で問題経験を積む
【10月頃〜共通テストまで】
共通テスト対策。余裕があれば2次試験の対策を初めて良い。
【共通テスト〜2次試験まで】
志望校に向けてラストラン!過去問や問題集の問題を解きまくる!

taniten
taniten

これが正解!っていう勉強法はないけど、僕なりの勉強スケジュールを紹介してみたよ。

1つの例として参考にしてくれると嬉しいです!

ふうた君
ふうた君

コメント

タイトルとURLをコピーしました