病原体を体に注射!?ワクチンについて解説!

科学ニュース
スポンサーリンク

現在,コロナウイルスが世界的な流行を見せています。

一刻も早いワクチンの開発が求められていますが,みなさんは「ワクチン」がどのようなものか説明できるでしょうか?

今回はワクチンの仕組みや種類,歴史などについて解説しようと思います。

スポンサーリンク

ワクチンとは?

ワクチンとは,感染症の予防に用いる医薬品です。

・・・と言っても,何を注射しているかご存知ですか?

実はワクチンの正体は,病原体(病気の元となる微生物やウイルス)から作られた抗原なのです。

taniten
taniten

抗原とは,体内に侵入して免疫反応を引き起こさせる物質だよ。最終的に抗体やリンパ球の働きで体内から除去されます。

抗体ってよく聞くけど,なにものなの?

ふうた君
ふうた君
taniten
taniten

抗体は,体内に侵入した抗原を除去するために作られるタンパク質の総称だよ。

ワクチンの種類

ワクチンには大きく分けて,「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類があります。それぞれの特徴を解説していきます。

生ワクチン

生ワクチンは,病原性を弱めた病原体で作られるワクチンです。

その病気に自然にかかった状態と同じ免疫を得ることが期待されますが,生きた病原体を注射するので副反応が出ることがあります。

生ワクチンが使われる病気には,麻しん,風しん,水痘,結核,おたふく風邪などがあります。

不活化ワクチン

不活化ワクチンは,病原性を無くした(もしくは殺した)病原体で作られるワクチンです。

副反応は少ないですが,生ワクチンを使用した場合よりも免疫の続く期間が短いです。

そのため1回の注射では免疫の獲得に十分ではなく,一定の間隔で2〜3回摂取する必要があります。

不活化ワクチンが使われる病気には,インフルエンザ,A型肝炎,B型肝炎,日本脳炎,4種混合(ジフテリア,百日せき,破傷風,ポリオ)などがあります。

taniten
taniten

不活化ワクチンには,抗原性の増強のためにアジュバントと呼ばれる補助剤を用いることがあるよ。

生ワクチンと不活化ワクチン|ワクチン.net(ワクチンネット)
ワクチンは、成分の違いから、生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドに分けられます。製造方法や接種回数、次のワクチンまでの接種間隔など、それぞれの特徴を解説します。

ワクチンの歴史

種痘法の開発(エドワード・ジェンナー)

病原体を注射するというワクチンの考え方は,どのようにして生まれたのでしょうか。

ワクチン誕生の歴史には,天然痘という病気が深く関わっています。

天然痘は感染力,罹患率,致命率が非常に高いことで紀元前から知られていました。
これまで世界各地で幾度となく流行し,人類を苦しめてきた感染症の1つです。

この天然痘の予防接種である種痘法を開発したのが,イギリスの医学者であるエドワード・ジェンナーです。

エドワード・ジェンナー(Wikipediaより引用)

ジェンナーがイギリスで医者をしていた頃,「牛痘にかかった人は,そのあとは天然痘に感染しない」という言い伝えがありました。

牛痘ってどんな病気なの?

ふうた君
ふうた君
taniten
taniten

牛痘は天然痘ウイルスに近縁の,牛痘ウイルス感染による感染症だよ。ヒトでは水疱や膿疱などが出る程度で,そこまで大きな症状は出ないんだ。

そこでジェンナーは長い研究ののち,牛痘にかかった婦人の水疱液を採取して,使用人の8歳の息子に繰り返し接種していきました。

牛痘ウイルスの接種を始めてから約2ヶ月後,天然痘ウイルスを接種したところ,その子どもは天然痘を発症しませんでした。

これがジェンナーによる種痘法の開発で,世界初のワクチンとなったのです。

taniten
taniten

ちなみに天然痘は,1980年にWHOによって世界から根絶されたという宣言がなされたよ。

天然痘ワクチンの開発者 エドワード・ジェンナー | 日本BD
BD (Becton, Dickinson and Company) は、世界各国で、薬剤治療の改善、感染症診断の促進、および創薬の発展に従事する、メディカルテクノロジーのリーディングカンパニーです。

ワクチンの原理の考案(ルイ・パスツール)

ジェンナーによって種痘法が開発されてからおよそ100年後,フランスの生化学者であるルイ・パスツールが,現在のワクチンの原理を初めて考案しました。

それは,「強い病気を起こすものから弱い病気を起こすものを人工的に作り,それを利用する」というものです。

ルイ・パスツール(Wikipediaより引用)

その考えに基づいて,彼は狂犬病のワクチンの開発に成功したのです。

これ以降,全世界で様々なワクチンが開発されて,予防接種がうまれることになります。

taniten
taniten

ちなみに「ワクチン(vaccine)」は,パスツールがジェンナーの業績を称えて,ラテン語で雌牛を意味する「vaca」から名付けたと言われているよ。

予防接種

ワクチンを事前に接種しておくことで,その感染症に対する免疫をつけることを,予防接種と言います。

子どもの時に受けた記憶がある方も多いのではないでしょうか?

予防接種によって,感染による発病,障害,死亡を防ぐことができます。

予防接種を受けてない病気もあるんだけど,大丈夫かな?

ふうた君
ふうた君
taniten
taniten

それは,日本での予防接種は「定期接種」と「任意接種」の2種類があるからなんだ。

定期接種

定期接種とは,予防接種法によって定められた年齢,期間であれば,無料で行うことができる予防接種です。

これは国や自治体が接種を強く勧めていて,努力義務が課されるA類疾病(4種混合,麻しん,風しん,結核など)と,努力義務なしのB類疾病(インフルエンザなど)に分けられています。

任意接種

任意接種とは,接種するか否かは個人の判断に委ねられている予防接種で,原則自己負担となります。

しかし受けなくていいとうわけではなく,なるべく受けた方がいいと思っています。

おたふくかぜやA型肝炎などが対象です。

ワクチンとは|ワクチン・アジュバント研究センター Center for Vaccine & Adjuvant Research
ワクチンとは、わかりやすく解説します。

新型コロナのワクチン開発

ここまでワクチンの種類や歴史,予防接種などについて書いてきましたが,いま世界中で猛威を振るっている新型コロナのワクチンは,いつ開発されるのでしょうか?

2020年7月30日に以下のニュースが出ていました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は世界規模で拡大が続いている。そうした中で米国と英国のほかドイツの企業も参加する3つのワクチン開発が最終段階に入った。米バイオテクノロジー企業モデルナと米製薬企業ファイザーはそれぞれ27日、米国内で約3万人を対象にしたワクチンの3段階ある臨床試験(治験)最後の第3相試験を始めたと発表した。英製薬企業アストラゼネカのチームも既に治験の最終段階に進んでいる。

https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2020/07/20200730_01.html

新型コロナのワクチンが,予防接種の対象となる未来が早く来ることを願っています。

一応ぼくも研究者の端くれなので,ワクチン開発の現場に携わっているみなさまの苦労は身にしみてわかります。
研究って本当に大変なので。しかも生物医学の分野では失敗は許されないでしょう。

これからもワクチン開発のニュースにアンテナを張って,動向を追っていきましょう。
そしてこの感染症と闘っていきましょう!

ワクチンに対しての興味が高まってきたよ!

ふうた君
ふうた君
taniten
taniten

知ってるのと知らないのとでは大きく違うと思う。

皆さんも積極的にワクチンについて調べてみてね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました